在校生の方へ

仮免試験について

仮免試験とは

仮免試験とは仮免学科試験の略式名称になり筆記の試験になります。これに合格すると仮に道路を運転していいよという「仮免許」と呼ばれる正式な免許証が発行され2段階(外での路上教習)に進むことができます。
何度でもうけることはできますが費用が掛かりますのでなるべく1回で合格するように勉強して受けるようにしてください。

試験の受け方と流れ

受験日

  1. 修了検定合格後そのままそのまま受ける
    修了検定の合格発表後、案内がありますのでロビーでお待ち下さい。そのまま仮免許試験となります。
  2. 2回目以降または修了検定後、用事で受けられない場合(前日までに、合格時でも用事で受験できなことをお伝えください)
    仮免試験が行われる日に12:20までに受付にお越しいただき、受験に来たことをお伝えください。ご案内いたします。
    ※曜日により時刻が変わることがありますのでご注意ください。

持ち物

  • 免許証(原付などお持ちの方のみ)
  • 身分証明書(学生証不可)
  • 認印(シャチハタ不可)

当日のスケジュール

  1. 12:20 までに受付
  2. 13:00 試験説明
  3. 13:15~13:30 試験開始
    ※試験時間30分間
    ※合格発表は、試験終了時間から10分~30分後(受験者数が多いと時間を長く要します)
    ※発表後すぐに合格者は仮免の取り扱いや2段階の教習などの説明
  4. 15:20 学科15(先行学科)路上に出るために必ず受けないといけない学科になります。
  5. 16:10 仮免許証交付(認印が必要)
    土曜など曜日により実施時間が変わりますのでご注意ください。

不合格の場合

再度、仮免試験の実施日に再受験となります。ご自身のご都合の良い日を選んで再受験してください。
予約などはいりませんので受験時間までにお越しください。
また、再受験料が必要となりますのでご注意ください。

仮免試験の勉強方法

  • ホームページ上にある勉強システムや問題集を解くようにしましょう。
  • MT免許の方はAT車の特性、AT免許の方はMT車の特性を必ず覚えましょう。特にAT免許の方はMT車の問題で苦戦している傾向が強いので担当インストラクターに質問するなどして本番に挑みましょう。
  • 時間が30分と短いのでしっかりとその時間内に解けるように注意してください。

仮免許証の有効期限について

仮運転免許証の有効期限は「6ヶ月」です。有効期限内に取れないと再度受験が必要です。
ただし、入校から卒業まで全部で「9ヶ月」と期限が決まってますのでご注意ください。