在校生の方へ

卒業検定について

卒業検定とは

卒業検定は、自動車教習所を卒業する際に必ず行われる技能試験です。これまでの集大成として、教習で学んだ技能を活用して路上運転を行い、合格することで卒業が決定します。
検定は減点方式であり、普通車免許では100点満点中70点以上が取れれば合格となります。主な採用ポイントは、安全確認や歩行者保護、徐行運転などです。これらは、普段の自動車運転の際にも特に心がけなければならない重要なポイントですので、よく確認をしながら慎重に運転しましょう。

検定の受け方と流れ

受験日

検定実施日は決められています。詳しくは時間割を確認して、インストラクターとご相談下さい。

持ち物

  • 免許証
  • 仮免許証
  • 住民票
  • 認印(シャチハタ不可)

当日のスケジュール

  1. 09:10  集合     時間までに余裕をもってお越しください。
  2. 09:20  検定説明  コース発表や検定についての説明があります。
  3. 10:10  検定開始  検定説明で案内があった順に検定を受けていきます。
  4. 12:30  合格発表  (その日の受験者数で時間が変動いたします)

その後卒業式が1時間程度あります(卒業証明書の交付があり出席が必須)、人数が少ないときは13時半頃まで、多い場合は15時半ぐらいまでかかります。当日のご予定に余裕をもってお越しください。
曜日により時間が変更する場合がございます。ご注意ください。

不合格の場合

合否

100点満点中70点以上で合格です。

追加実習

不合格だった場合、最低1時間以上の補修実技を受けることが定められています。
再教習のあと再び卒業検定の試験が可能となります。
費用が発生しますのでお気を付けて下さい。お得な教習が複数時間パックになった安心パックのご利用は初受験が期限となります。自信がない方は加入をオススメしています。
追加実技のスケジュールは担当インストラクターとご相談下さい。

再検定

再度受験する際は検定料が必要です。ご注意ください。

卒業検定の勉強方法

  1. まずはしっかりコースを覚えましょう。ある程度頭に入っていると運転に集中できます。
  2. 場内の検定と違い、外ではその日何が起こるかわかりません。落ち着いて周りをよく見て、歩行者や信号に十分気を付けて運転しましょう。1番大事なことは平常心です。
  3. ロビーのパソコンには動画があります。時間があるときにご覧ください。

有効期限について

  1. 卒業検定の受験期間
  2. みきわめが終わってから「3ヶ月」以内の合格が必要です。卒業検定は全体の「9ヶ月」内であれば、そこから3ヶ月なので最大1年に全体の期限が延びます。
  3. 卒業証明書の有効期限
  4. 有効期限は「1年間」です。その間に試験場で試験に合格して下さい。有効期限が過ぎますと1からやり直しとなりますのでご注意ください。(※限定解除などは期限が違います。ご注意ください)